ペットボトルの牛乳はなぜないのか






2017年09月13日(Wed)
ペットボトルの牛乳はなぜないのか
ペットボトル飲料というのは、飲みかけでもフタをして保存できるので、とても便利ですよね。しかしその便利なペットボトルに、なぜ牛乳がないのかと、疑問に思ったことはありませんか? 牛乳ほど日本で、メジャーな飲み物は無いはずなのに、なぜペットボトル入りの牛乳が存在しないのでしょうか。じつはペットボトル入りの牛乳が存在しないのは、法律で規制されているからなんだそうです。もう50年以上も前にできた法理ですが、衛生上の問題から、牛乳は紙パックか瓶でしか、販売してはいけないと決められているのだそうです。つまりこの法律がある限り、ペットボトル入りの牛乳は、絶対に販売されないことになります。しかし衛生面を考えると、確かにペットボトル飲料は、危険なんですよね。ペットボトルに口をつけて飲むと、ペットボトルの中に細菌が入って、食中毒を起こすことがあります。牛乳は特に栄養価が高いので、食中毒のリスクは、他の飲み物より高いんですよね。そういう理由があれば、ペットボトル入りの牛乳がなくても、仕方がないですね。


   


bluerechtの自由文言1


bluerechtの自由文言2

カレンダ
2017年9月
         
13

アーカイブ
2013年 (12)
7月 (2)
8月 (4)
9月 (4)
10月 (2)
2014年 (3)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (6)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
2016年 (2)
4月 (2)
2017年 (5)
6月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:1
累計:23,514